美容室の中でネイルをする意味

美容室をしていて、お客様に喜んでもらう為の付加価値は重要になります。

その中でよりサロンメニューに導入しやすいのが、ネイルメニューになります。

ネイルメニューを導入する事で、いい事はたくさんあります。

 

  1. トータルビューティー化する事でお客様に喜んでもらえる。
  2. 新メニューの導入で売り上げが伸びる
  3. お客様の来店動機を作り、再来サイクルが短くなる(VIPが増える)

 

1.は単純にお客様に新しい価値を提供できるので、喜んでもらえるお客様は増えます

2.は当たり前ですが、お客様が喜んでくれた数だけ、売り上げが伸びます

3.ここがポイントですね。

1. 2. のおかげで来店動機ができるのですが、この来店動機と共に、

ネイルのメニューはヘアより再来サイクルが短いことが多いです。

さらに、ヘアと同時にしてくれるお客様を作るとVIP客になります。

ここで、ヘアスタッフがネイルメニューをするのでは無く

ネイリストがいる店の場合はもう一つのいい事が起きます。

それは、スタッフが退職してしまった時の対策です。

スタッフが退職することは悲しい事ですが、

一人のお客様に担当が二人ついている事で

二人のスタッフがお客様との信頼関係を築いている。

ここがポイントです。

例えば、スタイリストが辞めても、ネイリストがいるから来店する

ネイルメニューででも、来店していただければ、失客するよりチャンスがある

今までの経験上では、

スタッフが退職した場合半分のお客様は再来してくれる事が多いです。

(近くで独立などは別として)

しかし、ネイルメニューまで同時にして頂いていたお客様は8割近くが再来してくれます。

担当するスタッフが2名以上いることはとても大きなことだと思います。

カラーリストがいる店もこのメリットを十分理解していると思いますが、

当社ではネイルメニューを導入し

ネイリストが入ってくれたおかげで、気がつくことができました。

 

これからのヘアサロン内でのネイルの導入の注意点は

ネイリストの技術だと思います。

簡易的なネイルメニューしか無ければ、上質なお客様ををつけることができないので

ネイルの技術も必要になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>