「顧客満足(CS)」と「従業員満足(ES)」

サロンの経営においては「顧客満足」ももちろん大切ですが、まずは「従業員満足」だと考えています。

新規集客後に初めて自社(サロン、スタッフ)をお客様に体験して頂く。

そこからサロンはお客様がリピートしてくれないと経営が安定しない。

リピートしてもらう為には「顧客満足」を上げないといけない。

「顧客満足」を上げる為には「商品の価値」を上げないといけない。

サロンにとって商品というのは「人」なので、「人の価値」を上げなければいけない。

「人の価値」を上げる為には、従業員の満足を上げないといけないという繋がり。

一つは、「労働環境を良くすること」

給料を上げるとか、勤務時間を適正化するなど…。しかしこれには「お金」がかかるので徐々に良くしていくしかない。

もう一つは、「マネジメント。その人のやる気を出させ、成長を感じてもらう事」

今いる人を辞めさせない、定着させてやる気にさせる、そしてキャリアアップをしてもらう。これが、サロンの好循環を生むベースになる。

この二つを、オーナーが本質的に理解している事が大切だと考えます。

「顧客満足(CS)」と「従業員満足(ES)」を常に考えることはこれから先のサロン継続には必要不可欠な事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>